リノベーション目的で中古マンションを購入する場合

最近では、理想の住まいを手に入れるために、希望にあった新築マンションを探して購入するのではなく、立地や周辺環境といったハード面のみ条件を満たしている立地や広さの割りに価格が手ごろな中古マンションを購入し、内部を自分好みに大規模リフォーム(リノベーション)して住もうと考える人が増えてきました。

しかし、一方で想像以上にリフォーム費用がかさんでしまったり、制限が多く希望のリフォームができなかったりしたケースも多く報告されています。

リノベーション目的で中古マンションを購入する場合は、まずそのマンションがリフォームしやすいかどうかを、事前に見極めていくことが大切です。

できれば、物件探しの段階から、リフォーム業者に関わってもらうようにすることをおすすめします。

中古マンションのリノベーションで忘れがちな注意ポイント

マンションを売却することを検討していらっしゃる方は、マンション買取査定をまず受けることになると思います。

ここで気をつけておきたいことは、不動産仲介業者によって査定額が著しく異なる場合もあるということです。

念のために、数多くの買取査定を受けて公正で客観的な価格を見極めてください。

また、現在の日本政府によるデフレ脱却政策により、将来の不動産の値上がりが期待できます。

こうした事項を考慮した適切な価格を提示してくれる不動産ブローカーを選びましょう。

良心的な不動産ブローカーは、今後もみなさんにとってかけがえのないパートナーとなることでしょう。

是非、マンションを売却する際には不動産仲介業者をしっかりと見極めてください。